PRODUCTION NOTES

10年分の価値のあるものを作る

「三部作はあらゆるところで創意工夫に富んでいた。ケヴィン・ウィリアムスンの考え方は当初、独創的でこれまでとは違ったものではあったけど、完全に『スクリーム』的だった。『スクリーム』シリーズがもう一度復活するにあたっては、その価値のあるものを作らなくてはいけない。若い世代のファンに対してだけでなく、三部作やそれ以降の10年間に値する映画を観てきた世代にも向けたものでなくてはならない。そういう映画と同じかそれ以上のものを作らなければならない、ということを私はケヴィンに伝えたんだ」 ―― ウェス・クレイヴン

製作について

監督と脚本家が再びタッグを組んだと聞いて、生き残った『スクリーム』シリーズ同窓生たちは大歓迎し、まったく新しく現代的な世界でアイコンとも言うべき役を再び演じることを喜んだ。『スクリーム3』以降11年でホラーの世界が大きく変わったように、主要キャラクターたちも過去とは違った状況にいる。シドニーは作家として成功し、他方ゲイルはスランプに陥っている。彼らはそれぞれ新たな人生の局面におかれているのだ。それでもキャスト三人は、クレイヴンやウィリアムスンといったこのジャンルのプロの手によるシリーズものにおいては、キャラクターを再び演じることにそれほどの苦労はないということに気がついた。
「監督と脚本家のゴールデンコンビの復活のおかげで、10年振りでもすんなり役に入り込むことができたよ」とアークウェットは語る。
監督はシドニー、ゲイル、デューイとの繋がりと同じように、それぞれを演じる役者たちとも深いつながりを感じている。
「私は彼らからベストの演技を引き出すコツを知っているし、彼らは僕からベストな指示を引き出すコツを知っている。三人とはいつでも一緒に仕事をしたいし、家族のようにリラックスできる」。

『スクリーム4』は2010年の夏、ミシガン州のアナーバーで撮影された。シドニー、デューイ、ゲイルを一目見たいという熱烈なファンに対して、『スクリーム』の面白さは“サプライズ”にあると信じるスタッフは、撮影状況については秘匿し続けた。特に脚本には特別な透かしを使ってガードをするという徹底ぶり。その一方で監督はツイッターで撮影現場での出来事を配信したりしてファンをじらし続けた。
「私はこの映画のことをツイートし続けた。新しいテクノロジーは私達の世界のあらゆる出来事に影響を及ぼしているんだ。だから、それはこの映画でも重要な役割を担っている。あらゆる世代がそれぞれにコミュニケーションのためのツールを持っているからね」と監督は語る。
「この映画の重要な要素となっているのは、映画がキャラクターたちに与える影響だけでなく、インターネットが彼らに影響を与え、映画自体がインターネットにまで影響を及ぼすということ。映画オタクで機械オタクのロビーには、そういう旧世代と新世代の橋渡しという役割を与えたんだ」と言う。

撮影監督のピーター・デミングは、今までの『スクリーム』シリーズを彷彿とさせる独自の雰囲気を創り上げていった。
「ピーター・デミングは映画を豊かで美しく大きく見えるようにすることができる。私たちは実物より大きく感じるワイドスクリーンにするために歪像作用のあるレンズを使っている。すべてが美しくフィルムに映し出され、それは恐怖を引き立たせる上でとても重要だ。君たちはいつも特別な何かを見ているように感じるのさ。そのほとんどがピーター・デミングのなせる技なんだ」とクレイヴンは絶賛する。

『スクリーム4』は2010年の夏、ミシガン州のアナーバーで撮影された。シドニー、デューイ、ゲイルを一目見たいという熱烈なファンに対して、『スクリーム』の面白さは“サプライズ”にあると信じるスタッフは、撮影状況については秘匿し続けた。特に脚本には特別な透かしを使ってガードをするという徹底ぶり。その一方で監督はツイッターで撮影現場での出来事を配信したりしてファンをじらし続けた。
「私はこの映画のことをツイートし続けた。新しいテクノロジーは私達の世界のあらゆる出来事に影響を及ぼしているんだ。だから、それはこの映画でも重要な役割を担っている。あらゆる世代がそれぞれにコミュニケーションのためのツールを持っているからね」と監督は語る。
「この映画の重要な要素となっているのは、映画がキャラクターたちに与える影響だけでなく、インターネットが彼らに影響を与え、映画自体がインターネットにまで影響を及ぼすということ。映画オタクで機械オタクのロビーには、そういう旧世代と新世代の橋渡しという役割を与えたんだ」と言う。

撮影監督のピーター・デミングは、今までの『スクリーム』シリーズを彷彿とさせる独自の雰囲気を創り上げていった。
「ピーター・デミングは映画を豊かで美しく大きく見えるようにすることができる。私たちは実物より大きく感じるワイドスクリーンにするために歪像作用のあるレンズを使っている。すべてが美しくフィルムに映し出され、それは恐怖を引き立たせる上でとても重要だ。君たちはいつも特別な何かを見ているように感じるのさ。そのほとんどがピーター・デミングのなせる技なんだ」とクレイヴンは絶賛する。

撮影監督のピーター・デミングは、今までの『スクリーム』シリーズを彷彿とさせる独自の雰囲気を創り上げていった。
「ピーター・デミングは映画を豊かで美しく大きく見えるようにすることができる。私たちは実物より大きく感じるワイドスクリーンにするために歪像作用のあるレンズを使っている。すべてが美しくフィルムに映し出され、それは恐怖を引き立たせる上でとても重要だ。君たちはいつも特別な何かを見ているように感じるのさ。そのほとんどがピーター・デミングのなせる技なんだ」とクレイヴンは絶賛する。

シリーズ最高の豪華なキャスティングが実現

三部作同様、ネーヴ・キャンベル、デイヴィッド・アークェット、コートニー・コックスとお馴染みのメンバーが復活したが、さらに毎回シリーズの目玉となる若手スターの起用については、今回の『スクリーム4』はシリーズ中、最も豪華なメンバーが揃った。ジュリア・ロバーツの姪で最新作が目白押しのエマ・ロバーツ、人気ドラマ「HEROES/ヒーローズ」のヘイデン・パネッティーア、カルキン兄弟の第七子のロリー・カルキン、『トランスフォーマー』のアンソニー・アンダーソン、米ティーン誌で“彼氏にしたいNO1”に選ばれたアダム・ブロディ、『シン・シティ』のマーリー・シェルトン、『マッドメン』のアリソン・ブリー、ハリウッドで最も注目されている若手俳優ニコ・トルトレッラ、“Field of Dreams 2”のマリエル・ジャフィ、人気ドラマ「プリティー・リトル・ライヤーズ」のルーシー・ヘイル、大ヒットドラマ「新ビバリーヒルズ青春白書」の主演シェネイ・グライムス、『プライド 栄光への絆』のエイミー・ティーガーデン、人気ドラマ“Life Unexpected”の主演ブリタニー・ロバートソン、『ソウ2』のエリック・クヌードセンといったハリウッドで注目されているキャスト陣が集結し、さらにアカデミー賞主演女優賞と助演女優賞にノミネートされたヴェテランのメアリー・マクドネル、カメオ出演している『X-メン』のアンナ・パキン、批評家から絶賛された人気ドラマ「ヴェロニカ・マーズ」の主演クリスティン・ベルといったキャスティングが本作をより完璧なものにしている。

『スクリーム4』の魅力

★ネーヴ・キャンベル
シドニーはトラウマを乗り越えて自叙伝を書くことによって、今までの人生とは違った場所に行くことができて、結局は自分に起こったことを受け入れるようになったの。彼女は過去に対処する方法を見つけて、似たような過去を持つ人をある方法で助けることを選んだのよ。

★デイヴィッド・アークェット
今回は、『スクリーム2』や『スクリーム3』より『スクリーム』のようだった。新しい世代の登場、新しい展開。そして、更なるテクノロジー、更なる映画の数々、更なるメディアを楽しめるんだ。
16年間共に働いてきた人々と今また一緒に働いているなんて、このビジネスでは、なかなか経験できるものじゃない。それは本当にすごく特別なことだ。僕は『1』で死んでいたはずなのに、ウェスが“よし、デューイをもう少し生き延びさせよう”と言ったものだから、その後の僕の人生は変わったのさ。

★コートニー・コックス
もう一度ゲイルを演じたいと強く望んでいたの。人はいつも復活することについてとやかく言うけれど、私たちはこんなに素晴らしい最初の三部作の映画を作ってきたのだから、いつの日か戻りたいと思っていてもいいでしょう。前作から10年経っていたけど、監督はちっとも変っていなかったわ。相変わらずとても面白くてドライで、でも笑わしてくれるの。